・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI 

サイキックリーディング・ヒーリング・ひぷのセラピー

時代というのは... オリンピック観戦の一番の収穫

「 時代というのは

 じつは目に見えるものではなく

 新しい考え方が 古い考え方を

 押しつぶしていく変遷のことなのです。

 考え方に正解はなく

 考え方はいつも風に舞っている。」

        みうらじゅん氏『さよなら私』より

 

TOKYOオリンピック閉会しましたね。

 

とても難しい環境下での開催。

そんなことを忘れてしまうくらい

アスリートたちの躍動と、悲喜交々のドラマに

魅入ってしまう日々でした。

関係者の方々も本当に本当におつかれさまでした。

 

様々なこと(良くも悪くも、あるいはそれすらも超えて)

炙り出されたという面もありましたし

観た方(観なかった方も)それぞれ感じることが

あったかと思います。

 

私にとって一番印象的だったこと。

それは、何と言っても若い世代の選手たちの

のびのびとした活躍でした。

 

あっけにとられるというか

なんといったらいいんだろうか...

はぁ〜...と首を振るような

感嘆!そう、感嘆!

素晴らしさに感心して褒め称えること。まさに。

 

そうだ、男子体操の競技からだ。

内村航平選手の演技の衝撃。その直後からの快進撃。

他の競技でも同様で...

それがもう本当に頼もしくて誇らしくて。

 

( あぁ、ダイジョウブなんだ... )  ナニが!? :p

 

と心の底から思えたのでした。

 

その思いをさらに強くしてくれたのは

為末大さんのツィートで知ったスケボー選手たちの記事。

www.nikkansports.com

 

国境も敵味方もなく、お互いを励まし合い、称え合う。

オリンピックの競技中であっても、そんな枠にははまらない。

もう異次元です。 まさに "風の時代"の在り方を象徴 !?

 

さらには

昨夜の侍ジャパン金メダル獲得後のインタビューで

坂本選手(チーム最年長...と言っても32歳)

 自分たち世代が緊張しているのに

 初出場の若手選手たちが緊張している様子もなく

 活躍していて心強かった、と。

 

先発の森下選手、中継ぎの伊藤選手、抑えの栗林選手

信頼の超ど安定好投 ⚾️✨

伊藤選手に至っては、準決勝の後のインタビューで

「(決勝戦でも)投げたくて仕方がない!」ですって!

 

ダメだ、ひとりまた盛り上がってきてしまった笑

 

 

感嘆とともにTOKYOオリンピックを観戦しながら

そう、冒頭の一節を思い出したのです。

 

「時代というのは、じつは目に見えるものではなく

 新しい考え方が古い考え方を押しつぶしていく

 変遷のことなのです。

 考え方に正解はなく、考え方はいつも風に舞っている。」

 

読んだ時は、頭でわかるような感じだったけれど

その渦中にいるような感覚🌀になりました。

海面は大荒だけれど、深いところでは

有無を言わさぬ勢いで海流は突き進んでいる...

そんな妄想が浮かぶのでした。

信頼して流れに身を任せよう。上手に流されていけたらいいな🐟

 

次回はパリ🇫🇷✨

3年後はどんな私で観戦しているんだろうか。