・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI 

サイキックリーディング・ヒーリング・ひぷのセラピー

緑陰読書🌿 『占(うら)』木内昇

立秋。

ここしばらくの猛暑につき、緑陰読書🌿に興じています。

 

緑陰読書🌿✨

「青葉の茂った木陰など

 暑さを避けられる場所で本を読むこと」(コトバンクより)

つい先日知って、気に入った言葉😊 使ってみたかっただけ😎

 

小説『占(うら)』を読みました。

気づけば、"小説" は久しぶりだったかも。

 

読み始めてすぐから

 一体どんな人が書いているんだろう?

 この人は何者なんだろう??

そんな思いを持ちながら読み進めていました。

 

気になりすぎて

読了を待たずに調べたら...

 

木内昇さん 

 直木賞作家 他にも多数受賞歴あり。

  (そう言えばお写真には見覚えがあるような...失礼🙏)

 哲学科心理学専攻。

 出版社勤務から独立後

 ご自身でインタビュー雑誌の主宰もされている方。

 

なるほど、人間への深い興味と洞察に裏打ちされているのか。

それにしてもすごい...

 

 

7つの短編集。

時代設定は大正から昭和にかけて。

それがかえって、少し離れた程よい距離感で

主人公たちの心の動きを追うことができたような。

というか、そうでないとちょっと苦しくなりそう。

それくらい、すごかった。

 

一話目から引き込まれてしまったけれど

『宵待祠の喰い師』が一番好きかな。

 

ラス前

『鷺行町の朝生屋』 

いきなりちょっとホラーで緊張したけれど

 

最後の

『北聖町の読心術』

 つまるところ、やっぱり自灯明🔥だよね!と

 すっきり読み終えることができました。

 

 

木内昇さんについてもう少し深掘りしたくなり

こんな記事を見つけました。ご本人談です。

honsuki.jp