・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI

サイキックリーディング・ヒーリング・ひぷのセラピー

北川悦吏子さんのドラマは インナーチャイルドを癒す...のか !?

ずっと書こうと思っていたことなんですけれど...

下書きにありました。2月下旬... よう寝かせましたな☺️

 

時は流れ... 最近は

坂元裕二さんの『大豆田とわ子と三人の元夫』の余韻冷めやらず

サントラまで買って、ず〜っと聞いています。(なんなら今も☺️)

 

 

さて本題。

北川悦吏子さんのドラマは インナーチャイルドを癒す... のか!? 

 

北川悦吏子さんと言えば

『ロンバケ』『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』...

『あすなろ白書』『オレンジデイズ』も!

などなど...を手がけた「恋愛の神様」と呼ばれる脚本家。

 

最近では『運命に似た恋』、朝ドラ『半分、青い。』

そして『ウチの娘は、彼氏ができない!!』(=『ウチカレ』)

 

『ウチカレ』の脚本を脱稿したばかりの北川さんの深夜のツィート

 

『自分の中にいる泣いている女の子たちを

 救うために書いてきた』

 

『私の中にずっと立ち止まったまま

 動けなくて泣いている女の子たちがいて、

 その子たちを幸せにしてあげなければ、

 と書き続けて(きた?いる?)気がする。

 そのためには、光くんや漱石や、

 瀬名くんやカイくんや、律や、

 オレンジの会やあすなろ会や、

 カンナが必要だったんだと思う。酔。』

 

 

あぁ... そっかぁ............

 

彼女自身のインナーチャイルドを癒そうとする脚本で

視聴者たちのインナーチャイルドも癒されていたのか...

 

いや、違う!

彼女自身のだけではない!!

潜在意識の広い海の中で泣いている

癒されるべきインナーチャイルドたちが見えてしまっているのだ...!

 

NHK朝ドラ「半分、青い。」

当時、久しぶりに超はまって毎日楽しみに見ていたのに

その放送中、どうして !?と思う程、否定的なコメントも多かった。

中でも、同業者の方(それも超売れっ子さん)が毎日のように

驚くほどdisるツィートに不快感すら覚えていたことを思い出した。

(それも途中でぱったりなくなり、しばらくすると誉め始めた謎。大人の事情か?)

 

ものすごい嫉妬なのか??それにしても...  と思っていたけれど

もしかしたら...

インナーチャイルドが傷つき過ぎていて

癒されてなるものかと過剰に反応してしまったのか...

 

いずれにしても、

私たちのインナーチャイルドに何がしかを投げ込んでくる...

まさに、問答無用に投げ込んでくる脚本なのかもしれない。

 

だから強烈に観る者の心に引っかかる。

好き嫌いが明確に分かれるタイプの脚本家なのか

と思っていたけれど

もしかしたら受け側の反応の仕方が違うだけなのかもな...

と勝手に合点した。

 

光くんに、若かりし...いや、子どもの頃!?の愛しき人の面影を見て

(いや、本当に似てるんですって!

 時が美化し過ぎる説を採用しても

 中身はともかくとして、似てるんです!!

 まぁどうでもいいですね :p)

センチメンタルになっているのかと思いきや...

そうだったのか!と。

 

 

ただ、間違ってはいけないのは

光くんは現実にはいないのだ。律も漱石も瀬名もいない。

それを現実世界に求めては苦しくなる。

 

彼女のドラマを通して癒されて

そして元気になった私たちが

男性陣(に限らず周囲に...ね😉)に優しくしてあげる...

それが平和な道なのかなと☺️

 

 

そんなことを思いながら

何度もリピートして見たのでした😢💓

『ウチカレ』では親子関係も描かれていたので

Wで効きました😭 

もはや「恋愛の神様」の域を超えていると思ふ〜