・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI

サイキックリーディング・ヒーリング・ひぷのセラピー

『椰子の実』 彦次先生の想ひ出

腰がまだ本調子ではないことを理由に
ベッドでごろごろしていた午後。

あぁ5時になったか...

チャイムが流れてきたのだ。

 

そういえば、以前も同じようなことがあり

Facebookに書いたなぁ...と

最近はほとんど見なくなっているFBの

過去のUPを見返してみた。

 

-------- 

チャイム音が流れてきた。

午後5時、下校の合図か。

耳を澄まして聞いていたら...

 

♪♪♪♩♩

♪♪♪♩♪♩♩...

 

名も知らぬ 遠き島より...

『椰子の実』だ ♪

 

これは、中学の時

社会の彦次先生が授業の最初に必ず合唱させた曲。

いつも優しい笑顔のおじいちゃん先生だったなぁ。

社会は苦手だったけれど、先生の笑顔は折に触れ

温かい感情とともに思い出す。

 

先生の想いが、今頃になって、なんとな〜く

わかるような気がした。

 

風が気持ちいいなぁ... ♪


-------- 

 

8年も前の記事だった。

 

当時、社会科教室に移動しての授業だった。

そこは、彦次先生しか使っていなかったらしい。

いつも穏やかな陽が射し込み

窓からはすぐ緑が見えて

風が通るとさわさわと葉が鳴る音が聞こえる...

そんな教室での授業だった。

 

 

この記事をUPしたら

同級生の郷愁スイッチを押してしまったらしく

忘れていたことも共有できて面白かった。

 

『椰子の実』の歌詞を書かされる試験があったとも 笑

 

 

今思えば、先生は、当時の私たちとまさに同じ年頃に

戦争を体験していたはず...

 

小さくて丸っこくて、ちょっと長めの白髪で

丸眼鏡をしていた彦次先生。

どこまでも優しく穏やかな目だった。

  

どんな想いで、生徒たちと

『椰子の実』を歌っていたんだろう。

 

週1回程度の授業。

それも中学1年生の時だけだったかも。

それなのに、大人になってから

こんなにも思い出されるなんて...

 

もしかしたら

先生の思惑通りになっているのかもしれない 笑

 

えぇ、これからもずっと思い出しますよ🌴✨