・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI

コンシャスチャネリング・ヒーリング・ひぷのセラピー

マーティン・ジョーンズさん 備忘録1:亡き父登場

先日、突然飛び込んできた情報にすぐ反応して受けた

マーティン・ジョーンズさんのセッション。

⬇︎ その直後に書いた「ふへぇ〜」で終わっていた記事 笑

www.healingmani.com

 

備忘録として記しておこうと思います。

 

一週間前か... 

実は、セッションの後 2日間くらい

聞き返すことができませんでした。

なぜだかハードルが高かった。

そして、聞き返すことができるようになっても

文字起こしができませんでした。いつもならすぐやるのに。

 

受け取ること、腑に落とすことに時間がかかったのかなぁ。

 

セッションの前半は仕事の話だったのですが

突然、父のことを言われました。

 

「お父様は今霊界にいらっしゃいますか?」

 

「はい。」

セッションは何回も受けてきましたが

父のことを触れられたことは初めてでした。

  

「あなたのことを本当に愛していらっしゃいますね。

 この世代はちょうど、お父様とそんなに仲良く

 できなかった世代だと思うのですが

 お父様とは物事の視点、分析したり考えたりする方向性や

 ユーモアのセンスなどが似ていらして

 お父様は本当にあなたのことを誇りに思っていらっしゃいます。

 

 若い頃、あなたはとてもしっかりした考え方の持ち主で

 自立心もあったので、お父様は

 この子はあまり手をかけなくてもいいのかな

 と思っていた節があったようなんですね。

 

 ですので、ちょっと寂しい思いもしたかもしれませんが

 あなたがこれだけ内を見て自分の感情を知って

 自分自身の中を見ていらっしゃることを見て

 お父様自身はそういうことをすることができなかったので

 そこをとても誇りに思っていらっしゃいます。」

 

これは以前も書いたかもしれないのですが

シャーリー・マクレーンの『アウト・オン・ア・リム』や

立花隆氏の『臨死体験』などが書棚にあったことを

父が亡くなった後に知りました。

そうだ... 私にスピリチュアルがストンと入ったのは

父が亡くなってすぐあとのことだった!

 

「お父様が、死んだときあの時ありがとうねと

 2回おっしゃったんですね。

 お葬式の手配をしたとか、そう最初思ったんですけれど

 それよりも、お父様の遺書、もしくは意思について

 みんながどうしようかと言っている時に

 あなたがこうすればいいということを率先されたのか

 何らかに関してお礼をおっしゃています。」

 

病院で最期を迎えたのですが、ちょっと不思議な巡合せで

その時に私だけが看取ることができました。

本当に感謝を伝えることができて、おでこにキスを。

最期を見送れたということは、私にとっては本当に

ありがたいことだったのですが、そのことかな...

と伝えたら

 

「そのことかもしれませんね」と通訳さんが言ってくれた。

やっぱりこの業界の通訳さんはそういう方なのかと思った一瞬でした😊

 

「お父様が、これは絶対に忘れないと言っています。」

 

😢💓 (後になって、あと2つほど浮かびました😊)

 

その直後

「変なことを聞きますが、お父様の鼻毛は長かったですか?」

 

爆笑!

そういえば、年を取ってからはチラチラ見えることがあったかも笑

確かに鼻毛バサミを使っていたことを思い出しました笑笑

 

「今はすっきり綺麗にされていて、とってもハッピーで

 とても元気なエネルギーでいらっしゃいます。」

 

「今とっても近くにお父様のエネルギーが来ていて

 いろいろ教えてくれるんですけれども」

 

ちょっと下がってください的なジェスチャーをするマーティン氏。

⬆︎これよくわかります。私もセッション中にあります。

 ご縁のある方がいらっしゃって、愛情たっぷり&伝えたい想いが強い時は

 結構圧が強めです。でも深い愛情を感じられて感動する体験でもあります💓

 

「お父様は、もし生きている時になんでもやっていいよ

 と言われたら、建築家になりたかったんだそうで

 今霊界でいろいろな建造物を建てていらっしゃいます。」

 

へぇ〜!!! 

実は一瞬、建築科を目指そうかと思った時がありました!

その時父は、どう思ったんだろう。

そうか、父は長男で家族を養うことが最優先だったのかも...

 

「私マーティン自身はチャクラに全く興味ないんですけれど

 霊界のお父様からのアドバイスで、瞑想中にチャクラの

 調整ヒーリングをするといいとおっしゃっています。」

 

私自身の?

 

「両方だと思います。

 あなたが、ビジュアルが強くて、イメージですね、

 そして色と繋がりが良いので、そういうことをして

 チャクラバランスを整えていくということは

 あなたがやっていくことで

 今度は人にもできるようになるということです。」

 

実はこれ、セッションでもやっていました。

今はほとんどやっていませんが。

これについては備忘録2できっと触れる、かな。

 

「金のチェーンと十字架を見せてくれています。」

 

これはわからず。。。 

両親からのお土産の時計のペンダントが浮かんだけれど。

 

「今から、死後がどういう世界で、どういう神様がいて

 ということを探さなくてもいいと。

 死んだ後に、いろいろなことがわかる。

 それほどこっちは複雑な構造にはなっていないと。

 今を楽しみなさいとおっしゃっています。」

 

死後の世界。今はほとんど怖れはないと思っているのだけれど

最近、NHK-BSでそういう番組見ていたからかな??  笑

複雑な構造じゃないって面白い。

そして何より、今を楽しみなさい、か。父上、御意!

 

 

あと、ロックオン〜ン ロックオン!笑 されたことが二つ程。

 

マーティンさんが、ある日にちを伝えてくれて

ビンゴではなかったけれど、ほぼ兄の誕生日と伝えたら

父が 

兄がストレスでいっぱいなので、話し相手になってあげてほしい

と伝えていると。

実はこれ、ずっと気になっていて、すごくよくわかることでした。

兄家族とは、お正月など年に1、2回会うくらいなのですが

ちょっと連絡しようと思っています。

 

もう一つは、あることを手放そうと思いつつ

なかなか手放せないことをズバリ言い当てられました😵

最後に印籠を渡してくれたのかも。

もちろん強制的なことは何も言われませんでしたが

自分の中で、本当にもういいかなと思えた次第です。

いやぁ、突然の事で、笑ってしまったくらいの驚き。

完全にロックオン〜ンロックオン♬でした笑

 

 

 

 

一度、応接間(昭和です笑)で父に

「お母さんの言うことも聞きなさい」

と言われたことがありました。

「聞いてあげなさい」だったかな。

たしか 中学生の頃。

直接何か注意されることはほとんどなかった父。

怒られた、という感じでは全くなかったのですが

とても悲しい気持ちになったことがありました。

 

数年前にふと思い出した記憶。

 

それが今日、またふっと蘇ったのですが

ちょっと違う感覚でした。

当時は、父は味方じゃないんだ...と思ったけれど

 

実は、私の気持ちや性格もよくわかった上で

父としての役割で言ったのかも...と。

 

父と果たせなかった夢。

カウンターで二人でお酒を飲むこと 笑

いつか...と先延ばしにしていたらできなかった。

その夢を息子に叶えてもらおうと

チャンスを狙っている今日この頃でした😊🍶

その時は父も来るかな 笑

 

ということで、マーティンさんのセッション。

父を自分史上一番近くに感じられた日になりました。

そして、きっとこれからも💓