・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI

サイキックリーディング・ヒーリング・ひぷのセラピー

夏至の日の徒然に...

涼しくて静かな朝✨

夏至 そして日蝕が起こる日。

 

特徴的な惑星の動き。

これからもその傾向は続く模様。

以前だったら、それらがとっても気になって

それに見合う行動を何かしなければ!

と前のめりになっていた気がします。

 

今は...

星の動きを何となく追ってみたり

様々な発信を読ませていただいたりしつつも

何だろう。。。

真夏、熱中症対策のミストシャワーのような

情報のミストシャワーの中を通り抜ける感じ... かな。

 

その上で、動きたいように動く。

動くたくなければ動かない。

 

波が来るのは分かりながらも

静かに波を待っている方が

その波をより感じられるような・・・

上手に受け身ができるような・・・

 

ただものぐさになったのかもしれませんが 笑

 

あ。もちろんどちらが良い悪いとかではなくて

今の私はそういう気分なんだなぁということを

記しておきたいのでした😊

 

 

 

唐突ですが、ふと思い出したので...

 

先日、これから King Gnu (家人はキングニューと呼ぶ...)

が歌い出すというタイミングで たまたま見たMステ。

もちろんロックオン。

曲は『 The Hole 』一番優しくて強い歌を選びました、と。

常田氏はSNSで、こうコメントしていたそうです。

 " 迷いや混乱に満ちた情勢の中、日々SNSなどでも

 攻撃的な発言が目につく今いったい何を歌うべきかと考えた結果

 一番優しくて強い歌を届けることを選びました"

 

 

その曲を聴きながら、不思議とうれしさというか...

安堵したのです。やっぱりそうだよね...と思ったのかな。

 

この曲、King Gnuの思いに共感したり魅かれる人たち

大きな声をあげないから存在が不確かかもしれないけれど

本当はそういう人たちの方がずっと多数なのだ!

私たちの中に、この曲に共感するものが確かにある。

 

うぅ.. うまく言葉にしきれずもどかしいのですが...

この曲で炙り出されるようにそう感じられて

うれしくなったのかもしれません。

 

 

でも、なぜそんなことに安堵を感じたのか。

また話が飛ぶのですが

私の中でずっと引っかかっていることがあって...

 

そのことについての記事を2つ。

もう長くなり過ぎるのでご紹介だけ😌

 

 

⬇︎佐々木俊尚氏のツィートを転載

 

" 不寛容な強い言い切りがつねに人気を得る。

だから民主主義はつねにうまくいかないし、

それを乗り越える方法もまだ見つかっていない。

「影響力を行使するのに必要なのは、

 多様性への寛容さではなく

 自説に対する強烈なコミットと不寛容さである」

 『言い切る人』が強すぎる。"

 

blog.tinect.jp

 

⬇︎こちらは 知った経緯を失念... でも優しい記事。

note.com

 

またいつもに増してとりとめもなく・・・💧

 

 

 " 晴れた空、公園のベンチでひとり

 誰かを想ったりする日もある

 世界がいつもより穏やかに見える日は

 自分の心模様を見ているのだろう "

 

『 The Hole 』の冒頭の一節。

(ここから一転...ですよね...スゴイ)

 

穏やかに感じられる日曜日でありますように ...✨