・・コンシャス チャネラー マーニ のブログ・・

Healing MANI

コンシャスチャネリング・ヒーリング・ひぷのセラピー

リブログ:「かぐや姫の物語」

神林神社 関連リブログ3連発の最後です😊

 

----- 2016.5.16 記 ----------

 

ブログ書き進めますよ〜!

と宣った途端、スマホ紛失事件やら、Wifiつながらない事件勃発。

忘れていましたが、水星はまだまだ逆行中でした。とほほ。

でもそれを自覚したら、だいぶ落ち着いてきました(笑)

 

さて。

 

今頃...!? なのですが

ジブリ 高畑監督の『かぐや姫の物語』を観ました。

 

先日、友人たちと とりとめもないおしゃべりを楽しんでいた時のこと。

 

ブログにも書いた、神林神社でのできごと
・・・境内に入った途端、布のようなものをかぶせられた感じがして

なんとも言えない感情が湧いてきて号泣したことを話したら、

Mちゃんが

「ジブリの『かぐや姫』を思い出した!」と。

月からの迎えが来て、いざ...という時、羽衣をかけられると

地上でのすべてを忘れてしまうので、かぐや姫が「待って!」

と叫ぶシーン。

 

それを聞いてなぜか鳥肌。そしてまた込み上げてくるものが…


ロードショー公開当時、印象的な映像と歌に

ものすごく魅かれていたのに観にいっていなかった作品。


早速、ひとりでゆっくり鑑賞。

序盤から、なんていうことはない台詞ひとつひとつに反応して涙が。

残された時間を知ってから、「生」を謳歌するかぐや姫。

ほんのわずかな時間だけれど、思いっきり輝いて…

 

もう涙が止まらない。

 

そして、ついに月からのお迎えが…

 

月の世界からすれば、穢れ多き地球。

でも、その穢れこそが「生」きている証。

エネルギーに満ちた、色鮮やかな世界。

 

きっと、私たちはすべて、その「生」を謳歌するために

" 今ここ" にいる。

 

観終わって、しばし放心状態。

 

ありきたりだけれど、改めて

自分自身を「生」きよう。
「生きる」ことを謳歌しよう。

ずどんと、人間として生きることの本質を示されたような気がします。

 

もしや、神林神社での一件は、私にそのことを思い出させるため...!?

もちろん真偽の程はわかりようもないけれど。

腑に落とせるまで、繰り返し教えてくれるのはいつものこと。

飲み込みが悪いので...ね^^;

 

年月をかけてひとつの作品を作り上げることで有名な高畑監督の

もしかしたら最後の作品。

たとえそうなったとしても、それにふさわしい作品。

 

繰り返し、また観たい映画のひとつになりました。

...って返却する前、すでに何度観たことか 笑

 

時折、「帰りたい・・・」が口癖となる思春期の息子。

昨夜は一緒に観ました。

感想は敢えて聞きませんでしたが、彼にも伝染したらしく

今朝支度しながら

「ま〜われまわれ〜 まわれよ水車 まわってお日さんつれてこい〜」

と歌っていました(*^^*)

 

『わらべ歌』『天女の歌』『いのちの記憶』

いずれも心に響き、残りますね。


そうそう、瀬織津姫=かぐや姫という説もあるとか。

調べ始めると、小さい頃から妙に魅かれたり

記憶に残っているものとしばしば繋がって...

敷居が高すぎると敬遠していた神話の世界。

ここへ来て魅せられつつあります。